保育士相談アドバイザーのサポートブログ

保育士情報サポート資料室&アドバイザーによる活動ブログです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
保育士相談アドバイザーのサポートブログTOPへ

Q、保育士の面接ではどのようなことに気をつければよいでしょうか??

新卒学生と転職組によって採用面接のポイントが若干異なることが多いようです。

それぞれの面接POINTと共通して気にかけておきたいPOINTを簡単にまとめてみます。


1、新卒学生の採用面接POINT

新卒学生は「学生時代の経験」「保育士になろうと思った理由」「どんな保育士になりたいか」

といった「保育学生の人物象」を聞く質問が多い傾向があるようです。

最近は敬語を正しく使えない若い世代の方が多いと言われているので、面接時だけ意識するのではなく日頃から正しい敬語を使えるようにしておきましょう。

なぜならば・・・保育士の仕事の一つに「保護者対応」というものがあります。保護者は年上の方が多く基本的には「保育料を払って大切な子どもを預けているお客様」でもあります。

「ご苦労様です」といった誤った言葉を使用していれば、当然保護者からは不信がられてしまうこともありますので、正しい敬語は身につけておきましょう。






2、転職組の採用面接POINT

転職組は「どうして以前の職場を退職したのか」「うちの施設を希望したのはどうしてか」

この2点の質問はかなりの高確率で聞かれます。

特に前職の退職理由についてはつい「ネガティブな理由」をそのまま伝えがちではありますが、採用担当者側は今まで沢山の保育士を見てきているので「退職理由の主な内容」というのは理解しているものです。

なので前職の退職理由を伝える際には事実を述べるのと同時に「その経験をしたからこそ今後の仕事に活かしていきたい」という前向きな理由を必ず述べましょう。

基本的には過去のことはもう終わったことです。大切なのは「今から働くにあたりどのような心構えで頑張ろうとしているのか」です。

その他には「自分の保育観(どのようなことを子どもたちに伝えたいか)」「職場での調整力(自分の意見と上司の意見が食い違った場合にどう対応するか)」「以前の職場についてしっかり理解していたか」などもしっかり答えられるようにしておきましょう。

また転職組については学生とは異なり「職務経歴書」がとても重要です。職務経歴書に、今までの保育士としての業務内容を記載しておくことで、より面接をスムーズに進めることが出来ます。また事前に準備出来ることなので、面接で緊張していても自分のことを確実にPRすることが出来ます。書き方については文章ではなく出来るだけわかりやすく簡潔に書きましょう。

※前職の退職理由が明らかに職場が原因であったとしても「悪口」は絶対にダメです。事実を伝えることと悪口は全く違うことです。その場合は退職に繋がった事例を伝えると同時に「もし私が○○○○○のように対応することが出来たらその状況も大きく変わっていたかもしれませんので、今後はその時の経験と反省を御社での勤務に活かして行きたいと思います」という感じで伝えてみるとよいかもしれませんね。




●アドバイザーからの注目のPOINT!

基本的に面接というのは「その場で話した1時間程度で判断されてしまう」ということです。

そうなると「遅刻」「染髪」「乱れた服装」「不適切な言葉づかい」については間違いなく大きなマイナスポイントです。

単純に面接という最初のスタート地点から上述のような行動が見られたら、採用側は「この人は採用したらきっと今後も同じようなことを繰り返すぞ」と思われてしまいますので「自分が採用側だったらどんな人はNGか」というのを事前に想定しておくとよいでしょう。

そして面接で重要なことは「質問の意図にあった答えが返ってくるか」「会話のキャッチボールが出来るのか」「自分の意見をしっかり言う事が出来るのか」という部分です。

質問内容については、どんなことを聞かれるかは面接担当者にしかわかりませんし、あえて圧迫質問をぶつけてくる方も多くいます。

だからこそ「少しでもアピールしなきゃいけない!」ではなくて「基本的なことをきっちりやっていこう」という考えが大切だと私は思います。





●今回テーマのまとめ


面接においては「目立とう」とするのではなく「基本的なことを確実におさえていくこと」が大切です。

また緊張するのはそれだけその面接に向けて真剣だという証拠ですので「緊張するなよ」なんてことは言いません。

ただ事前にしっかり準備出来るものが「履歴書・職務経歴書」であり「上述のマイナス材料を行わない」ということです。

これは保育業界の面接においての基本事項であり「そもそも面接担当が人間である以上は正しい答え」というのはありません。


本音を言えば面接時の質疑応答事例を沢山掲載したいところなのですが・・・

もしここで私が事例を沢山書いてしまったら、この記事を偶然読んでいた面接担当者が

「質問を変えてみよう」「この回答はキャリエールのアドバイザーの言葉だな」と思われてしまう可能性もあるので、一般的な内容だけここでは書かせていただきます。





【アドバイザーからのお知らせ】


●履歴書、職務経歴書の書き方&添削
●面接に向けての個別対策
●認可園と認証園(地域認定保育室)での面接の違いについての質問
●社会福祉法人と企業系運営での面接の違いについての質問

なども対応しております。
これらは実際に受験する保育園や、これから面接を受けようとしている方、一人一人によって内容や対策が異なりますので、お気軽にアドバイザーまでご相談ください。
(※あくまでもアドバイスですので、実際の面接にはその内容を自分の言葉で伝えられるようにしてみてください。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。